テーマ:カーミングシグナル

カーミングシグナル~犬の行動と心理 7~

今回は服従姿勢の勘違いについて。 「犬の服従してる時ってどんな状態を思いうかべますか?」 という質問をすると、大抵「お座り、伏せてる、お腹を出す。」の3つが出てきます。 これらの姿勢、決して間違いではないのですが、実は、この姿勢をとっているからと言って、必ずしも「服従」しているとは限りません。 では、この3つの姿勢で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カーミングシグナル~犬の行動と心理 6~

次は服従~とか言いながら、 我が家のチビやお客様のワンコを見てて思い出した行動が・・・ というわけで、前回の続きで緊張やストレスのサイン。 前回の他に、前脚の片方を上げる。体を掻く。頭や体を振るう。などもあります。 前脚の片方を上げるのは、緊張や恐怖で「近づいて来ないで」のサイン。 匂いを嗅がれたり、触られることが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カーミングシグナル~犬の行動と心理 5~

さて、同じく緊張からくる行動がまだあります。 「口を閉じる」です。 これは、ただ閉じているだけではなく、舌なめずりもせず、匂いも嗅がない。まさに固く口を閉ざしている状態のことです。 そのため、ヨダレや鼻水は垂れっぱなしになってきます。 緊張が和らいできたら、口を開けて呼吸をしたり、舌なめずりする余裕が出てきます。 体(筋肉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カーミングシグナル~犬の行動と心理 5~

今回、行動は・・・ 震える。体をブルブル震わすのはどういう時かを考えます。 よく飼い主さんが勘違いするするのは「寒い」と「怖い」。 しかし、よーく見てみると、どうもそれだけではないようです。 冬場や夏のエアコンがガンガン効いている部屋で、スムースの仔やサマーカットされてる仔の場合には、寒さで震えている場合もありますが、基…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カーミングシグナル~犬の行動と心理 4~

しばらく放置してました ブログの木も枯れてきてる~汗 さて、前回お伝えしたように、今回は「耳」から読み取る行動と心理です。 犬の耳は前後左右上下ととーってもよく動く! そんな耳は尻尾に負けないほどに犬の気持ちを表してくれます。 まず、犬の耳の位置でみてみましょう。 1・上に上がる(立てる)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カーミングシグナル~犬の行動と心理 3~

さて、それでは具体的な例を挙げて紹介していきたいと思います。 1:尻尾 尻尾について、昔から言われていたのが「嬉しいと尻尾を振る」「股の間に尻尾があるときは、怖がっている」などが有名ですよね。 さて、これらの昔から伝わるカーミングシグナルは本当か? 愛犬の尻尾を見ながら考えてみましょう。 「尻尾を振ると嬉しい」。しかし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カーミングシグナル~犬の行動と心理 2~

カーミングシグナル 1.カーミングシグナルってどんなもの? カーミングシグナルとは、言語を使わない動物がコミュニケーションをとるために使っているボディーランゲージや声のことです。 それは動物ごとに様々で、例えば猿のグルーミングやオオカミの遠吠えなどがそうです。 もちろん人間にもあてはまります。 何かのTV番組で、「人間も言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カーミングシグナル~犬の行動と心理 1~

今回紹介するのはカーミングシグナルです。 カーミングシグナル。この言葉を聞くのは初めてだという人も多いのではないかと思います。 直訳は「落ち着きをもたらすシグナル」ですが、その他にもいろいろな意味を持っています。 言葉の通じない犬。彼らが自分の気持ちを相手に伝えるための手段でもあり、これを知っているかどうかで犬に対する理解はかなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more