しつけにTRY!~しつけってどこまでするの? 2 ~

ちょっと間が空きましたが続きですw

「しつけや訓練は一生もの」とよく言います。
私もそうだと思いますが、現実問題、毎日欠かさず常に・・・なんて無理ですよね。
実際、私も仕事などで全然我が家のワンズの相手をしていられない時は結構あります。

それでも、出来る限りの時間や、思い当たる場合にはするようにはしています。

根本的には、飼い主さんがどこまで本気なのかが問われるわけです。

ただ、1分1秒でも欠かさずなんて。というか、1週間ですら続かない飼い主さんも結構いらっしゃる(汗)

では、どうするか。
もうね、これは習慣付けるしかないんですよ。

例えば、ご飯のときには「待て」させて、興奮が落ち着くまで待つとか。
散歩も前に出てもいいけど引っ張らせないとか。

飼い主と愛犬との間に作ったルールは、守ってください。

これらのやり方はいろいろあるので、その訓練の仕方や訓練士さんのやり方をしていただければいいのですが、
たまに、強制訓練でリードで思い切りショックを与えたり、リードでお尻を叩いたりなどの暴力的なやり方を外では出来ない。という飼い主さんもいらっしゃいます。

そんな時には、何もしないのではなく、犬に指示を出し、じっくり時間をかけて待ってあげてください。
興奮や攻撃は、そう長くはもちません(たまに30分ほどずーっと興奮してる犬もいますがw)

指示は数回、声をかけすぎないようにして、もし興奮や攻撃が激しいならリードを短めに持ち、思う存分暴れさせエネルギーを発散させてあげてください。

エネルギーを発散しきれないまま押さえつけようとするから、言う事を聞けなくなるので、もし暴れだしたのであれば、暴れさせておいた方が犬自身の精神にはいいんです。
で、落ち着いてきたらもう一度指示を出し、出来たら褒めてあげてください。
あ、ただし、他の方などに迷惑のかからないようにしてくださいね!

これで、「他の犬や人を見ても落ち着く」ということを最終的には達成したことになり、ルールはお互いに守ったことになります。
やり方は変われど、これならルールとして決めたことを達成できているので、人目には暴力的には映らないし、愛犬も「落ち着く」ことを学べます。

また、しつけをしようと暴力的な行動をとっているならまだしも、たまに、相手の人に対して「こんなにやってるんだぞ!」とデモンストレーション的にやる人がいます。
これは、精神的にも肉体的にも虐待していることになります。

え~つまり、やり方はどうであれ(って言い方もおかしいけど)本気で取り組まないと犬には何も伝わらないし、逆に心や体を傷つけるだけに終わりますよ!ってことです。

ん?話が違う方向に(笑)

で、しつけや訓練をいつまでするかですよねw

大まかに見れば「一生」
細かに見れば、たまに休むくらいは問題ないけど、手を抜いちゃダメなところは手を抜かず、
やり方も自分や愛犬に合ってて後悔や同情などの負担にならない方法も見つけておくこと。

という結論に達しました!

何だか話しが分かりづらかったかも・・・反省。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック