ドッグフード・キャットフードについて考える~ 4 ~

お次は我が家でも愛用することに決めた「FISH4DOGS」の成分表示です。
画像


種類はサーモン。
全体をみても、サーモンを主原料としたものがふんだんに使われているのが分かりますよね。
犬・猫にとってほとんど吸収されない穀物類も使用されていません。
他のメーカーと比べ、サプリメント類も少ないです。
科学薬品や合成着色料も使用されておらず、健康面でかなりの期待ができます。

もちろん、その分手間ひまや良質な原材料がかかっているので、お値段は高いです。
ホームセンターなどで売られている安価なフードは1kgあたり数百円ですが、ナチュラルバランスやFISH4は1kgあたり1000円を軽く超えます。

しかしその分、犬・猫の健康を考え、良質な材料を使い、手間ひまをかけ、安心して与えられるフードを作ってくれているわけです。


と、ここまで簡単にフードの成分表示について書きましたが、まだまだ私も発展途上。
もっと勉強しないといけない部分は山ほどあります。

成分表で分からない成分があった場合には、ウィキペディアなどで検索すると大抵のものはヒットしますので、ぜひ、飼い主の皆様には自分でも調べる癖をつけていただきたいです。
誰かのブログなどを参考にするのもいいですが、自分で調べた方が頭にはいりますから!


あとは、細かいことをいうと、表示のされ方ですかね。
動物性タンパク質・動物性油脂などの記載で( )書きで何の肉や脂なのか書かれていないものは危険です。
粗タンパク質とかも。毛や爪などもタンパク質です。大げさに言えば、革製品なんかも成分で言えばタンパク質ですからね。
しっかりと原材料である肉や脂の名前が記載されているものをお薦めします。

他にも、保存料が植物性の天然成分(例:ローズマリー抽出物など)でないもの。BHAやBHT、ソルビン酸カリウム(K)。( )書きの記載の無いものは信用しかねます。
着色料も同じ。赤1号とかの記載のあるものは科学物質になります。愛犬元気などの商品ですね。

ネットのレビューなんかも信用できない。社員なんかが都合のいいものしか載せなかったり、自分たちで評価を高めてる場合があるから。

大切なペットの健康は食事から。人間もそうです。
フードをケチり後々アレルギーやガンで愛犬や愛猫に辛い思いや、医療費にお金をかけるくらいなら、今の内にフードを見直し、健康で美味しい食事を提供してあげませんか?
彼らの食事は飼い主である人間がきちんと管理してあげなくてはいけないのです。
死んでからの後悔より、今を大切にしてあげてください。

追加できることが増えてきたら、また続編書きます。
少しでも参考にしていただけたら幸いです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック