ドッグフード・キャットフードについて考える~ 3 ~

「ドッグフード・キャットフードについて考える~2~」では、一般にホームセンター等で売られている比較的安価なフードの代表を上げてみました。
つまり、ホームセンターで売られているような有名フードのほとんどは、犬・猫にとっては良質ではないフードである。その上、健康を妨げる(発がん性物質や遺伝子異常など)恐れすらあるということがお分かりになったと思います。

次は、そんな安価で悪質なフードよりは良質でお値段も少し張るB級(あくまでも個人的に)なフードを見てみましょう!

画像

こちらは「ナチュラルバランス」の通常タイプ。
一応この会社はアレルギーに配慮し、天然素材フードをコンセプトに作っています。

しかし、一番最初の表記は玄米。ビタミンを多く含んでいるので、米や小麦粉よりははるかに良いですが、それでも肝心な動物性タンパク質よりは最初に書かれています。
実際に、私の知り合いのワンコは米アレルギーにより、ナチュラルバランスですらアレルギー反応が出てしまいました。

さて、このフードには天然素材でしか作られていないということもあり、悪質フードと比べ、健康な犬・猫には良質なフードと言えます。

ここで、注目してほしい原材料は・・・「ラムミール」。
え?ラム肉なのに何か問題ある?
と思うでしょうが、少しでもフードについて調べたことのある人なら引っかかる言葉。
それは「ミール」の方。
ラム自体は問題ではありません。肉の種類の中でもアレルギーは出にくいとされており、過敏になることはないのですが・・・。
問題は「ミール」。
このミールは「粉砕」という意味があり、実はこれが曲者!
悪質フードの場合、ミールの表示がされている場合、それは肉のみを指す訳ではありません。骨や皮、毛などもごっちゃ混ぜみされている場合があります。
最悪、鑑札なんかも混ざってる可能性もあるのです。

余談ですが、前バイトで行っていたショップに泊まりにきたワンコの持ち込みフードで「1stChoice(ファーストチョイス)」があり、緊張のせいかなかなか食べてくれないので、お湯でふやかしてあげたんです。砕いてドロドロにしてたら、小さな青い粒(明らかに人工的な青)がいくつか混じっててビックリ!!
なんてこともありました。

ので、「ミール」という言葉に過敏になってしまっている方が結構多い。
ただ、「ミール」という言葉は「粉砕」という意味なので、全部が全部悪質なものかというとそうでもない。
この辺は、そのフード会社が提示している言葉を鵜呑みにするしかないので、製造会社や直輸入会社の方には誠実な表記をしていただきたい。

ちなみに、ナチュラルバランスでは、ラムミールはお肉部分のみを乾燥粉砕したものですよ!とうたっている。

「ドッグフード・キャットフードについて考える~ 4 ~」に続く。
次は我が家のワンズたちが食べてるFISH4DOGSの成分表を見てみましょう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック