石川県災害救助犬認定試験@ナナ

遅くなりましたが、救助犬試験の報告です

前日から雨と風が強く、天気予報でも当日は「風と雷雨が強いでしょう」なんて言われてました。
たしかに、7時頃に家を出て金沢のほうに向かって車を走らせていると、雲の間に何度も稲光が走ってるのが確認できた
小松でも雨が降ってたので、こりゃカメラ持って行っても仕方ないなぁ…

って思ってたら!
見事、晴れました(笑)
今朝の雨や雷はいずこに~?
ってくらいに晴れて、足場も泥んこじゃなくって

日頃の行いが良いせいなんでしょうね~(ウソ)

でも、せっかく晴れたのに、結局カメラは持って行かなかったから、写真が1枚もないんです

さて、当のナナさんはお天気なんてどうでもいい!
周りにワンコがいっぱいでウハウハ祭り

前回の記事にも書きましたが、今回のナナさんは出陳するだけ(笑)
合格なんて1ミリも考えてません。
しかーし!出陳することに意味がある!!と師匠もおっしゃっているので

故マリーのシューズを手に、いざ、出陣!!

まずは、競技会と一緒で申告(指導手名・犬名・ゼッケン番号)を言うんですが。
服従審査の先生に、ゼッケン番号だけ言ってすぐに
「この子ララちゃんって言うの?」
と言われ、
「あ、はい。登録名(JKCの血統書登録名)はララです!」
と答えたら、
「僕の孫もララなんだよ~!かわいいね~!」
と名前を大絶賛していただきました

シューズを履かせている間も、大人しいナナに
「さすがララちゃんだね~。お利口なのは家のららちゃんと一緒だね~。」
と孫の溺愛。
もう、おっかしくって
笑いこらえるのが大変でした!

さて、そんな愉快な審査員の先生に見ていただいた服従。
招呼までは良かったんですけどねー。
前進が1メートルも進んでくれない。結局3回やってもダメだったんだけど、どうも傍から見てた人からは私の問題点がハッキリ見えたらしく、後から助言いただきました。
お勉強にまります

次に、「一応、障害もやっときなさい」と審査員の先生に言っていただけたので、障害にもチャレンジ
渡橋は、まぁ、、うん。。。
シーソーは、はあ~!!あぶなっ
ローリング・ブリッジは、断固として登らない
トンネルは良し!!
水平梯子は、なんとか渡れるも途中で足を滑らせ、梯子の間に落ちかける。周りの方より爆笑GET
瓦礫歩行もまずまず。
って感じでした。

休止は前回の競技会同様、またまた動いて失格。
これは矯正し直し決定です。

実地試験ももちろん最初から審査員の先生に「ナナは棄権です!」とお伝えしておいたので、無し!


マリーが死んでからの久しぶりな救助犬試験だったので、お勉強することが山ほど。
これから少しずつナナを救助犬にも仕立て上げていくわけです。
…さて、何年かかるかな…?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック